洗剤

洗剤のCM

洗剤のコマーシャルは古くから多く流されてきました。洗剤のコマーシャルでは、清潔さ、明るさ、健康的なイメージを大切にします。おなじみの青空をバックに白いTシャツがはためいているシーン。現実にはありえないような光景ですが、高原で撮影したりCG効果できれいに見せたりしてイメージ作りをするのだそうです。コマーシャルに起用する芸能人も、スキャンダルが多い人はさけるのだそうです。また、そういうゴシップによる商品のイメージダウンを避けるために、有名人よりは無名のモデルさんなどを雇うことも多いのだとか。さわやかなイメージを演出するために、音楽やBGMづくりも欠かせません。耳になじみ、何度も繰り返したくなるようなほんの1フレーズ作りを、コマーシャルディレクターはかんがえなくてはなりません。また、洗濯と言うとどちらかといえば女性が主役でお母さんがイメージされてきましたが、「女性イコール家事」のような図式は最近ではあまり歓迎されず、クレームの対象にもなるのだそうです。ですから、最近の洗剤のコマーシャルには家族や、若い男性が起用されることが多いのだそうです。部員の服を洗うマネージャー君、奥さんの洗濯に感謝する男性などなど。コマーシャルひとつをとってみてもその時代の移り変わりをみることができます。  洗剤の特色にあわせたイメージ作りも大切です。泡で洗浄する、天然成分を配合している、分解力が高い、などのアピールポイントにあわせてキャラクターを作ったりパッケージをデザインしたりして商品をアピールすることが考えられます。個人的には、もっと環境に配慮した商品を開発して、アピールした方が時代にマッチしているのでは?とも思うのですが。

<おすすめリンク集>





>>サイトメニュー>>
カルキャッチくるめって?
福岡の友人
大阪のカルチャー・文化
田舎のカルチャー
日本とアメリカの文化の違い
洗剤のCM
革を洗う洗剤があるの?
ゴキブリが出たら洗剤を!
壁をきれいにする洗剤は
アムウェイの洗剤はどう?
人気の洗剤ファーファとは?
酸性洗剤使用上の注意
部屋干し専用洗剤が便利です
オーガニックタイプの洗剤があります
ジーンズをあらう洗剤があるそうです