酸性洗剤

酸性洗剤使用上の注意

 トイレやお風呂の汚れやカビ、台所用の協力除菌・殺菌をするための洗剤はたいてい酸性です。鉄やカルシウムなどに化けてしまった強力な汚れも溶かしてしまうからです。ばい菌や雑菌も殺してしまう強い洗浄力を持っています。洗剤の成分には無機酸、塩酸が混ざっています。その酸は強酸性です。強酸と言うのは、水溶液の性質がPH3以下の値を示すものです。強酸は細胞膜を壊し、最近や微生物の命の元となる酵素を破壊してしまいます。ですから、農薬や抗菌剤としても使用されることが多いのです。このような特徴から、酸性洗剤の危険性がわかると思います。手肌に直接触れると肌の細胞が傷ついてしまいます。子どもの誤飲には十分に気をつけたいものです。  また、強い酸性の液体は金属を溶かしてしまうため、キッチンや浴室には向いていません。キッチン用にうすめたり、アルカリ性に傾いた性質の洗剤を使用すると良いでしょう。タイルやタイルの間の目地なども傷んでしまうので直接原液をかけないようにしたいものです。また、よくある事故ですが、酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤を誤って混合してしまうと言うことがあります。この場合、有毒な塩素ガスが発生し、閉め切った浴室や台所、機密性の良い住宅内では大変危険になります。また、子どもや赤ちゃんが誤って触ったり口に入れたりすることのないように気をつけましょう。このように、便利な反面危険性を多く持つ酸性洗剤は特徴を良く知り安全に使用するようにこころがけたいものですね。

<おすすめリンク集>





>>サイトメニュー>>
カルキャッチくるめって?
福岡の友人
大阪のカルチャー・文化
田舎のカルチャー
日本とアメリカの文化の違い
洗剤のCM
革を洗う洗剤があるの?
ゴキブリが出たら洗剤を!
壁をきれいにする洗剤は
アムウェイの洗剤はどう?
人気の洗剤ファーファとは?
酸性洗剤使用上の注意
部屋干し専用洗剤が便利です
オーガニックタイプの洗剤があります
ジーンズをあらう洗剤があるそうです